怪我の功名

怪我をしてから、はや2ヶ月。今では日常生活はもちろん、レッスンも全くと言っていいほど支障なく、順調に回復しております。皆さまにも温かく見守っていただきまして、本当に感謝しております。

で、私は怪我をして気づいたコトは、筋肉バカになっていたー、自分のカラダを観ていなかったーのはご存知かと思います。これは、本当に観る力が衰えていたというか、そもそも自分を見る力がなかったように思えてなりません。

私は鏡が嫌いで、自分の顔もよく見ません。お化粧直しなんて、ほとんどしないです。たまにレッスン後にアイラインが下まぶたにグッきり乗っていて、注意されて気づく程度。だから、洋服に犬の毛がたくさんついていても、気づかない理由です(笑)と、まー、とにかく自分を見るのが苦手。

なぜそれに気づいたかと言うと、内出血はいつごろだったか?いつどんな色になったか?とか治療中に症状を伝えなくてはいけない時に、初めて自分の足を見たのです。ん?それまでは?と思うでしょ?見てたけど、なんていうか、目を使わず、感覚で観てたのです(笑)そこで、内出血ここにこんなに〜!?と気づいた。

もちろん、感覚大事。だけど、明らかに瀕死の状態なのに「大丈夫な気がします」と答えていたようなもの。何事も気力で乗り切れる!と思っていたのも、すでに乗り切れない事態に気付かなかったのねー。そこで、またまた読書期間を設け、色々知りました。その時から大切な指南書となったのが、こちらの2冊。

book1

「体が伝える・・・」の方は、かなり細かい症状に沿った解説ぷらす、薬に頼る前に試してみたら?呼吸法、カラーセラピー、メンタル見直しなどが面白い。

「ホメオパシー」(※今から200年前にドイツの医師ハーネマンがその生涯をかけて確立させた自己治癒力を使う同種療法) は、昔から気になっていたけど、毒を盛って毒で制する的な感じが怖かったけれど、この寅子先生の解説は分かりやすい。例えば、私が飲んでいたのは、

Arnica.

簡単に説明すると、テーマは、”体からのメッセージを聞いてあげる”

大特徴は、事故や怪我のNo.1レメディー

特徴は、怪我をして血がダラダラ出ているのに「私は大丈夫だから」と言って触らせない。頑固で決めたことはやり通す。だそーです(笑)あはは、そのままではないか!この寅子先生の絵も強烈!と書評で書いてあったけど、ほんと忘れられない(笑)

book2

 

ちなみに、レメディー36基本キットも購入。今では風邪引きそう?という時も先ず舐めるコトにしております。

というわけで、私は怪我をしてから自分の体を見る訓練をしております。それに加え、野菜を食べるようにする、早く寝るようにする、そして無理をしない、あと怒っても引きづらないように練習中。

あ、でも一番怪我して良かったのは、力が抜けたのか?ゴルフ100切り達成致しました!

うしし〜♫でも、また力が入って、ラウンド中にブチっと行かないように気をつけなくては。。。。

 


なにしてる?

怪我したあとも頑張っていた私でしたが、友人Aちゃんの「一度気持ちをリセットした方がいいよ」という一言で一部スタジオをお休みしている私。明日からは、またフル活動!と行きたいものです。

「怪我した当日休まなくていま?」と思うでしょー。私も絶対休まないぞ!と思っていました(笑)が、先日評判高い、スタジオ併設治療院で鍼をした私。

「治癒力を高めるために、ここをこうして、そこをこうして」と鍼は1本刺しただけで後は、治癒力回復メニュー。内臓を押されてムギュゲーとなるコト自体に驚く私。「そこ筋肉じゃないんですか?」と聞いたら「違います、内臓です。ちゃんと寝ていますか?」と聞かれてしまった。

そーか、そーか。

私は筋肉バカになっていたよ。なんでも筋肉=強さでカバー出来るもんだとばかり過信していましたよ。しかも、左側怪我は女性性だから受動。何かを受け入れなさいというコト。もしくは、強さぢゃなくて優しさ必要なんじゃないの?と言われているのかしら。

しかし、久しぶりに自然治癒力って言葉を聞いたな・・・・。昔はあんなに内側のチカラを大切に育てていたのに、最近スッカラカンカン。。。

ま、このように想うことありで、今ゆっくりしています。ベチコも腕を動かすなと言うておりますので、また。

B612_20170323_142600 (1)


すっきり

ここ最近、キャパオーバーか、体力低下による動作ノロノロなのか?判断しかねていたら、ふくらはぎを断裂した。つまり、思っていた通りということだわね(笑)

それに加え、心を曇らす要因も重なり、身辺整理をしたけれど、本当にこれでいいのかな?と思う答えを見つけてしまった。

(なにがなんでも避けるべき有害な人10タイプ http://forbesjapan.com/articles/detail/10244

間違ってなかったんだわー。


つまづく

久しぶりにブログに手を伸ばしたのには、理由があります。それは、やらなきゃいけないコラムを書くのが嫌だから。まずは、こちらで文字を打とうかと・・・・・。

最近の私は、代行などで以前よりも体を動かす時間の方が多くなり、じっくり机に向かい文字を書く時間が減少。

すると、もう書きたくなくなる→日々罪悪感に苛まれジリジリ過ごす→締切日を目前にアワアワしながら一気に書き上げる、というサイクル。

しかし、代行も今月で終わるスタジオもあり、皆さんから「先生どうなさるの?」と聞かれ「いや、日々の仕事に戻ります」と答えているけれど、腰を据え文字を書き出すには時間がかかりそーぅ。

なんてコトをしていると、あっという間にお誕生日が来て、夏が来て、インド旅行の季節が来て、年末になってしまうんでしょうね。というのも、確定申告で書類を探している際に、アシュタンガの講座に通ってた時期が記憶よりも遠かったり、タロット講座に通っていた時期がものすごく近かったり、記憶と時間軸のズレに驚かされていたのでした。

あ、インド聖地の旅は9月15日〜10月5日の間がベストシーズンらしいので、その辺りで計画します。今年は天候で中止とならないことを祈るばかりです。


カード増える

タロットカードの種類は基本的に2種類と前回申し上げましたが、そこから派生したものがこれまた!たくさんございます。

収集癖がある私は、既に何種類か手元にございますので、今回はこちらをご紹介。

goldこれは、私がテストを受ける前に使い込んだ「ゴールデンユニバーサルタロット」。1959年ナポリ生まれの有名な漫画家 ロベルト・デ・アンジェリス が、リッカルド・ミネッティの監修でウェイト版を再解釈して描いたイタリア初のウェイト版タロット。これを豪華に金ピカ仕様にしたものです。

この画像だと分かりずらいかもしれませんが、金ピカピカです(笑)そこは気に入っているのですが、人物像がやはり漫画チックなのかな・・・・ちょっと残念な顔があるのは否めません。

がしかし、ウェイト版を忠実に描いているのでビギナータロリストでも分かりやすいところが気に入っています。

次も金ピカ系のクリムトをモチーフにした「ゴールデン・タロット・クリムト」。

ku1

オーストリアの代表画家クリムトの作品をモチーフしたカードで、代表傑作「接吻」をはじめ、すばらしい作品をブルガリアの画家A.A.Atanassovがアレンジして描いたもの。ゴールドを効果的に使った豪華タロットなのです。

もう、素晴らしい!!観ているだけでも幸せな気分にさせてくれるカードです。がしかし、こちらはアレンジが「ええええ?」と混乱するのもあるので、絵柄を覚える必要あり。だって、画像左一番下は、0番愚者ですが、上のカードと比べてみても「ええええ?」ですよね(笑)でも、大好きなのでカードと仲良くならないと。

これ以外にも、まだまだ面白いカードを所有しておりますので、ちょいちょいご紹介させて頂きます。


1 / 18212345678910...»