振り返りと未来

ここ最近は、以前に増してゴルフ漬けの日々を送り、頭の中はスイングで一杯のワタシです。ヨガは??生活の一部です(笑)

というわけで、毎日仕事バタバタ、ゴルフガッツリ、タロットチョロリという日々を送っていましたが、なぜか数少ない友人と会う機会が増えておりました。その中でもワタシの大事な友人である、Mちゃん。ヨガは勿論するけど、とても穏やかで先を観れる鋭い感覚の持ち主。3,4年ぶり?に会ったけれど、相変わらず可愛く友人で良かったーと何度も心の中でつぶやくワタシ。

しかし彼女、可愛いだけでなく、色々な力も相当身につけており、今後の発展が楽しみ。

m1ワタシよりも観る力がある彼女にタロットを頼まれたけど、緊張するよー(笑)すでに自分で分かっているから、ワタシがこれは・・・・と言えば、すぐに「ああ、わかります」と話しをしなくても分かる彼女。その力をどんどん育てて、必要な人に分けてあげる日も近いのかな。

さて、左図はちと逆光?(笑)ワタシの隣がMちゃん。そして後ろがMさん。

Mさんとは約1ヶ月前のゴルフコンペで同じ組みでまわらせて頂いたのが縁で、慕わせて頂いております。Mさんは今年2月、中目黒にお店を開き、日々美味しいご飯を提供されているのです。美味しいご飯に目がない方は、オススメですよー。

ああ、そうそう。

このおふたりは、多分とても引きが強い方たち。というか、おふたりがいい力を持っているから、いい人が集まってくるのだと思う。私もお二人に引き寄せられましたからね。あ、私もいい人というコトで(笑)

ワタシもヨガを教えて10年以上。Mちゃんはその時の生徒さん。ワタシが弱気になると、いいタイミングで勇気づけてくれる有難い友人。そして、Mさんはお店を切り盛りしよう!と今後を切り開いていく強い力を持っている人。

ワタシは、そんなふたりのいい具合にバランスの取れた空間で久しぶりの休日を満喫しました。また、Mちゃんの施術を受ける予定なので、宣伝しちゃおうー。

あ、あと気持ちは強いけど、あまり宣伝していないタロット。

観ますからねー、観て欲しい方はいつでもお声がけくださいね。


久しぶりの投稿

皆さまご無沙汰しております。

今年の大雪や寒波の影響で、冬うつなどに陥っている方はいらっしゃいませんか。      私は先日母の状態が悪くなり肝を冷やしましたが、今は回復したので、元気になってやっています。

最近FBなどでほんのちょっと近況などを更新しているので、ブログはまーいーかーなーと疎かにしておりました、と言い訳を少し。すいません。

そして、こちらでも近況報告!

先日発売されたan・anにヨガで痩せるの?を監修させて頂きましたので、ご興味あるかたはお買い求め頂くか、病院や美容院でお読みください。ワタクシがオススメの痩せるヨガポーズをご紹介させて頂いておりますので、おうちで実践してみて下さいー。

IMG_1860また、再来週からスリランカにアーユルヴェーダの施術を受けにいくので、その前に片付けなくてはいけないコトが盛りだくさん!だけど、それから逃避するかのようにゴルフの練習をしたり(笑)ブログを久しぶりに更新(笑)なんぞしております。

今回もDR.スキャンに何を言われるか?また「コレステロール値が高い」とか言われないように、ちょっとデトックスしとこー、綺麗になるにはいいかも?と思って酵素ドリンクを買ったはいいけど、一口しか飲んでいない・・・。はー今年もやらなきゃいけないことリストはパンパンなのに、手を付けていないコトの方が多いかも(笑)

 

今年のTo do listは、主に3つ。

タロットを本格的に仕事とする。

ゴルフの競技に参加する。

できれば、ヨガのスキルをアップするために短期修行に出る。

なんだか、遊びばっかり?と思われそうですが、本人はいたって本気ですので。

 


アーユルヴェーダでちょい不調を改善旅

来年2月にスリランカでDR.CTスキャンの施術を受けるツアーを開催します。

P

と言っても誰ですか?DR.CTスキャンさんて?と思われますよね。

ブログでご紹介済みかと思ったら、フェイスブックのみだった・・・。

実はアーユルヴェーダの名医で手を眉間にかざし、脈拍を取るだけで全てを読み取ってしまう不思議な力を持ったドクターなのです。私も疑っておりましたが、やはりトラウマまで読み取るすごい人でした。。。1498984387355

このドクターにはなかなか看て頂くコトが難しいのですが、クラブワールドのシマちゃんの働きもあって今回は8名まで限定で診断が受けられるコトになりました。診断受けたらどーなるの?そのあとは、もうアーユルヴェーダの施術が一人一人スタート!食事内容も全く違う!施術(マッサージみたいと想像して下さい)内容も全く違う!2017-06-29-07-54-03

今まで経験しても、あそこまで違う内容は珍しいし、なかなか受けられませんね。2017-06-28-17-38-03

有名なスポーツ選手などもお忍びてきていらっしゃるので、お墨つき。滞在先は静かなホテル。スリランカの方々は本当に穏やかなので、インドと同じイメージを持たれている人は、訪れると違いを感じられると思います。2017-06-29-08-23-17

 

ご興味持った方は、ご一報を!お待ちしております。

 


ゴームクからの道

ゴームクを過去のものとしたくないのか・・・・いえいえ、サボっていただけですが、最終日までの薄い内容をご一読頂ければ、幸いですm(_ _)m

さて、ゴームクから降りてきてから、ホテルでホッ。夕食はカレーヤダ、ということでピザもある、モモもある、なんでもあります!インターナショナルなレストランに行ったけど、やはりインドの方々がつくる焼きそばだったり、モモでした。ま、ベジタリアン地域ですから肉汁の威力を知るいい経験でした。

本当だったら、お腹も膨れ温かいお湯に使って疲れも解消!なんでしょうが、全く何も満たされない状況。目を閉じれば波酔いのような感じで、崖や岩が浮かんで、オーエ状態(笑)とは言え、疲れ果て眠りに落ちて見た夢は、温かいシャワーに入り、頭を洗っている夢。目が覚める瞬間、実際に手ぐしでコンディショナーをつけているような仕草をしていたのには、笑えました。

さ、今朝は怪しいチーズトーストを食べてリシュケシュへむけて8時間ほどドライブ。

n10素晴らしい思い出が作れたガンゴトリともお別れ。本当はオレンジ色の袈裟を着ているグルが沢山いると思っていたゴームクでしたが、ここにいらした(笑)

n11

n12帰り道は、牛軍団に囲まれたり。

n19今キテる!パイロットババとヨグマタさんのアシュラムをちょい見。感想:カラフルなアシュラムですね。。。

n13

ちょっと喋って、寝て、起きてチャイ休憩。また喋って、寝て、来た時と同じカレーを頂き、喋って、寝る。の繰り返し。私は徐々に体調が悪化し、喉が猛烈痛い。唾も飲み込めない状態に不安を感じる。

やっとついたリシュケシュ。初インドの時に泊まったホテルでちょっと感動。まずはお風呂お風呂!3日全く入らない、というのは人生初ですからね。温かいお湯って気持ちいいー。頭もガシガシ洗い、気持ちリフレッシュ。夕食もゴージャス〜、全てに感謝感謝(笑)

n8明日はニケタン4時半からの瞑想に参加するため、早めに就寝。これまた、楽しみ!n14

真っ暗の中ニケタン入口チェックを終えて、メディテーションホールへ。が、しかし時間変更があったらしく、誰もおらん。ブラブラしながら待っていると、やっと人が集まりメディテーションスタート。先生は以前オールアバウトで紹介した同じ先生だったけれど、ちょっとやり方が変わっていた気がするけど、気持ちよく瞑想できましたー。はー、幸せ。

その後は、軽い気持ちでヨガレッスンに参加したけれど、今まで経験したことないほど強烈な内容でした(笑)n1

n2なぜかティッシュが多い。以前はティッシュなんて置いてなかったのにー?と思っていたら、ちょっと動いてから、外に全員連れ出され、塩水を作られている先生&アシスタントを見て驚く。まてよ、これは鼻の浄化かい!?もしかして、先生は本場のヨガはこれだぞ!ポーズだけじゃないことを教えてあげよう!と思われたのかどうか知らないけれど、とにかく鼻浄化のためのポットを渡され、ティッシュを渡される。慣れている人は、早々にお庭の自分の場所に移動して、各自、鼻に水を流し入れ、口からガーッと出している。

やだやだ、私はこの浄化法が大っきらい。この後、布を喉に通すなどハードなものになって言ったらその場を去ろうと思ったほど。皆のやっている姿を見るだけでサボっていたら、アシスタントが来て「ほら、やんなさい」的なコトを言われる。「口を開けて!」とかね。「知っている」と冷たく言って、やっているフリをする私。

もう、これで十分だろ?と思ったら、今度は全員、芝生の上に移動され輪になり、ティッシュで作ったコヨリを鼻の穴に入れて、くしゃみ三昧。鼻水を出せ!それをフンフンっ吐き出せ!という想像しただけでも地獄絵図。実際やっている人も数人。ドン引き女子は多数。笑っている人私だけ。

n17風邪引いて、かんでもかんでも出る鼻を今ここで出したら、洒落にならない。けれど、その後のものすごい悪化を辿るコトをわかっていたらフンフンっしてかも。いや、絶対しないな。

ま、いい思い出になり、Jさんとは何度でも笑える経験というコトで、ホテルに戻ってもゲラゲラしてました。どちらかといえば、笑いヨガの方が良かったな。久しぶりのニケタンでのんびり。

n6

久しぶりのニケタンの朝食。おしゃべり厳禁だけど、先生を筆頭にベラベラ喋っているといういつもの光景。ほんと、インドの人っておしゃべりだと思う。ニケタンも宿泊施設が変わっていたり、以前とは雰囲気も変わっていたけれど、やっぱりこの場所が好きですね。ワンコやお猿も多いし(笑)n20

さて、ホテルでは占いができますーとポスターが張ってあり、タロットの文字を見つけたのでやってみたい!とラメに頼んだら、なんと友人であることが判明。すぐさま呼び出してもらい、タロット見てもらいました。

私はタロットも本業にしていきたいと思っておりますが、いつスタートOK?と聞いたら、「今年は無理。勉強をもっとして来年」と言われましたので、来年スタート致します!とは言え、「あなたフラフラするから、しっかり自分が何をするのか、ちゃんと決めて、途中で投げ出さずに最後までやり通しなさい」だと。知ってます(笑)

n5先生は日本にもよくいらして、ヴェーダ占いやインド古典を教えていらっしゃるらしい。ヨガもそろそろ・・・なんて言ったら、「あなたはヨガやんないとダメ」と言われたので、今後も頑張りまーす。

n4リシュケシュは、相変わらずバイクは酷いし、牛も歩いていて、とにかくごちゃごちゃしているけど、ザ・インドって感じで飽きませんね。n7これまた、いつものインドの伝統料理のお店に出向き、お坊様に扮したお兄さんとパチリ。以前は笑いもしなかったのに、今回は笑顔。n3ここは、南インドのミールス(定食)が有名ですが、私がいつも頂くのはマサラ・ドーサ。

n9

あー、しかし鼻水が止まらない。喉が死ぬほど痛い・・・。熱っぽい・・・。というコトで、風邪をひいても「そのうち治るだろう・・・」で済ませる私が、やばいかもと思い、薬を購入。これが、アーユルヴェーダの薬しかなくて、ゆっくりしか効かない雰囲気抜群。しかも、苦さは格別!という真っ黒い錠剤。ホテルに戻っても、ティッシュがなくなり、トイレットペーパーを使う始末。あー、熱も出てきたよ。

n22

ということで、ガンジス河での夜のお祈りには不参加。だって、ゴームク行ってきたしね。

そのまま私の風邪は一向によくなることなく、デリーに戻る時間に。途中のランチでも食欲なし。ラメちゃんがこれなら食べれるのでは?という不思議な名前もわからない食べ物を頂く。

白い部分はヨーグルト、上に乗っているのは、マメ。このドームを割ると中から、お豆や甘い何か(おいもかな・・・)が出てくる。スイーツとも言えるけど、食べごたえ抜群。

n16

その後、フライトまで時間があるので、いつも通りラメ宅でカレーやラム・ビールなどを頂き、帰国致しました。

n18

今回の旅を経験して、絶対50歳になったらいけないな・・・と確信(笑)とは言え、一緒に登った仲間は遥か年上だから、大丈夫かなとも思いますが、とにかく十分満喫したので、当分行かなくていいかな(笑)しかし、またチャンスがあれば行きたい!これはどこから湧き上がる感情かわからないけれど、あれほど自然の偉大さや神秘性、そして驚異を感じた場所はありません。

これは、Nさん、Jさん、タッキー、ラメ、そしてサポートしてくれた皆のおかげです。本当に感謝とともに、無事帰国できてよかった、と本気で思っています。冗談抜きに、何か起きても不思議ではない場所。今まで甘く考えていた精神が鍛え直された感じです。

帰国後はエナジー切れで復帰まで時間がかかりましたが、そろそろ別の場所に出かけたいと思う今日この頃です。

 


ゴームクへの道Ⅲ

今朝も素晴らしい天気!

3-1_3-2_3-3_朝食を終えたら、最終目的地であるゴームクを目指して出発!ゴームクまでは、7㌔(約3-4時間)だが、急遽予定を変更。昼食を取りにボージバーサまで戻ってきたら、そのままガンゴトリーまで下山することになったのです。理由は、限られた時間の中でヨガニケタンで瞑想やヨガをする、ガンジスでの夜のアールティ(お祈り)など、やることが一杯!

という理由で、1日歩き通しを覚悟で下山を決意したのです。

3-4いきなりこの斜面は、キツイ。

3-10

 

3-3_とにかく上を向け!

3-11徐々に山道から河原道へ。不安定なゴロゴロの大きな石。ここはまだマシだった。このあとは、あまりの道の悪さに写真を撮る余裕すらなく、何度も滑り落ちそうになったり、怖くて足が前にでなくて、手を引いてもらったり。そんな過酷な道なき道を進み、ようやくゴームクに到着。

3-6ここまで到達する方は、ほとんどいない、というのもうなずける。

 

3-133-16やったぜ!ゴームク!来たぜ!ゴームク!と言っても、去年の大雨で多少形が変わっていたゴームク。

3-14こちら、ご自分はハードクライマーだからビギナーの気持ちがあまりわからなかったメインガイドさん。足も長いだろうから、岩を飛び越えるのもお手の物。途中早く進み過ぎて、見失うほど(笑)ま、とは言え無事にゴームクまで来れたのだから、感謝しなくては。

しかし、ここから先(牛の口と言われる源流)が一番キツかった。

3-18

岩の形が尋常ではない。物凄く先が尖っていて、倒れたら突き刺さるレベル。しかも、羊のように飛ばなくてはいけない場面が多々あり、飛ぶたびに負傷した左ふくらはぎが、今ここで断裂したら洒落にならない!と不安がよぎる。

さらに、旅行前にタロットで今回の旅を占っており、出たのが崩壊。これが何を意味するのかとーっても気になっていたけれど、まさか本当に転落とかじゃないよね?などマイナス思考が渦巻く。t

でも、神様は見守ってくださいました!ちゃんとゴームクを観るコトができました!

3-223-21右奥がゴームクです。その右側に小さな人みたいな人が見えませんか?私はサドゥーぢゃない!?やっぱりサドゥーいるんだ!とゴームクを撮るよりもサドゥー(修行者)を撮影したようなものです。なぜなら、私がゴームクに来たかった理由は、聖地、ガンジス河の源流ということもありますが、なんせ修行者が瞑想やヨガをする神聖な場であるから。だから、修行者がたくさんいるかと思ったら、全然それっぽい方々にお会いできない。

いるのは、インドの輩っぽいお兄ちゃんたち。↓これはラメが沐浴している図(笑)輩くんたちもキャッキャいいながら沐浴していました。

3-25さー、一通りゴームクを満喫したら!ひたすらボージバーサ目指して来た道を戻る一行。途中全く恐怖?で動けなくなった男の子をラメたちが安全な場所まで運んであげる。

3-193-20はー、さようならゴームクよー!!

また、道に迷いそうになりながら、ボージバーサまで下山。サッとランチをとり、チャイを頂き、ガンゴトリー目指して、ひたすら下山。

3-263-283-23-33

ガンゴトリーまで何時間あるんだい!?日が暮れるまでに下山できるんかい!?果たして歩ききれるのかい!?など心の中でブチブチ言いながら、ひたすら歩く。しかも、もう足が勝手に前に出る状態。もう無心ですよ、瞑想状態ですよ、はっきり言って修行ですよ(笑)

タッキーが奇跡的に出会ったブルーシープ(青い羊 ヒマラヤの野生動物)2匹います。どこにいるかわかります?この羊が跳ねるから落石が起きるんですって。また、この羊を食べるためにユキヒョウが現れるらしい。かなり珍しい出会い!

3-34しかし、頑張って歩いても、どんどん日が暮れてくる。日が暮れたら、絶対!と言っていいほど、真っ暗ゆえに事故が起きる確率が急激にアップ。そうなる前になんとか下山・・・下山!とみんな頑張る。3-293-30来た時にチャイで一休みしたお茶屋さんで、今回はチャッチャと飲んですぐ出発。本当にNさんの冷静、適切なペース配分で無事に下山できました。彼がいなかったら、絶対に暗闇で道に迷い、寒さに震え、到着出来なかったのではないか?と思うほど。ここでまた、感謝。

ありがとうございました、Nさん。

もう、みんな意識朦朧、爪は黒くなるほど前のめりの坂道、転げ落ちるように降りた最後の階段。全てが目を閉じれば浮かぶほど、強烈な体験を致しました。ホテルに戻り、お部屋の準備が出来るまで車椅子に座り込む、疲労困憊を極めた私。ものすごい顔(笑)

3-35

ホテルで出たチャイで生きているコトを実感。。。3-31


1 / 18412345678910...»