お腹ポリポリ

ワタシがお腹を掻く時は、なんとも言えない怒りが溜まっている時。全然、ポリポリぢゃなくてバリバリ掻きむしるって表現の方があっているかも(笑)

3月10日は飼っていたココの祥月命日。去年のコロナ禍で世の中がパニック状態に陥っている時に突然亡くなってしまったのです。うちにはワンコが3匹おりましたが、去年はボス犬であったチワワのファーギーが大往生で1月19日に亡くなり、2歳年下のココが後を追うように亡くなってしまった。

珍しく友人と食事に出かけた先で「ココが死んでしまったから」と連絡を受けてビックリ仰天!泣きながら帰ったけれど、あまりに不憫な不慮の事故。事情を知っている友人は心配して連絡をしてきてくれたけど、言っているコトや気遣いもよくわかる・・・けれど!!どこに向けたらいいのかココは死んでしまったやり場のない怒り!

よく不慮の事故で無くなると、最初はショックで茫然自失→悲しみ→やり場のない怒り→客観的な思考と言うけれど、わかります、誰も悪くないけれど、やり場のない怒り。誰も悪くないからこそ沸いてくる怒り。ワタシも何とか努力をしながら鎮静化させたけれど、やはり時々くすぶる怒り。それがお腹ポリポリ状態なのです。

でも、ポリポリでハッと気づけば、お腹も赤くなるし、クリームを塗らなくてはヒリヒリと痒いから「いかんいかん」と怒りから少し撤退。この作業を何十年と繰り返しながらココのコトを楽しい思い出として記憶できるようになるのかなー。

一年早いな。

 


言い過ぎ・・・

ワタシは喋り過ぎ。

って既にブログでも何回か反省しているけれど(恐らく同じような反省内容だと思う、前に進んでないワタシ)最近学びの時間が増えて知識が増えて、益々喋り過ぎ(笑)

Youtube  でも死ぬほど喋っている。。。 よく喋りながら動けますね、と言われるけれど、そんなもん貴方、慣れと肺活量が日々鍛えられているからですよ。しかし問題は喋り過ぎて、受けての生徒さんが「あれも、これも、ああ、あれなんだっけ?」とパニくる原因を作っているのでは?と常々感じているのです。

でも、言わずにはいられない。あれも、気を付けてほしいし、これも。ああ、こういう言い方をしたらもっとわかるかな?など。もう、口が勝手に動いてしまう。ってこれ病気かも(笑)

でもね、自分の知っているコトをたくさん伝えたい!ってエゴが発信源ではないか?と強く意識し始めたのです。なぜなら、今月に入りスワルメディテーション講座の中級を受けているのだが、意識は、マインドとエゴと知性による集合体なんだそうだ。

マインド(思考)は、エゴ(自我)と知性のバランスによって変わるものだと。

そう考えると、私のマインドはエゴ寄りで相手を尊重する知性が低いのかもな。うーむ、優しく見守る能力が著しく低いワタシ。もし、子供がいたらものすごく手を出してしまっていたのかも。いかんいかん!そのタイプの親に守られ育てられたお陰でワタシは未だに常識に欠けている点多々あり。

いつまでもいると思うな献身的な親。その親も92歳と85歳だからね。見た目大人で中身子供、あはっはーでは済まされない歳になったワタシは、エゴ(自我)をどのように扱っていくのか?人生の課題となりそうです。

 


久しぶりの投稿

あれよあれよ、という間に3月になり今年も早いなーと年々加速する時の流れに身を任せている今日この頃。

もう、ブログも読む人いないだろうし、文章書くのも面倒だし、となんやかんやと理由をつけて放置しておりましたが、ある人のブログを読んで又書こうと思ったのです。興味を持ったその人は、教授の職をリタイヤするまでの葛藤や今後の生活の不安や希望などを約6年ほどブログに書いており、今現在本を出版し多忙な日々を送っています。だから、最近更新頻度がものすごく下がっててつまらない(笑)

人の人生を覗いて、さらに想像と違う今の展開をどう思っているのかなーと興味がわいたと同時に私も未来予想図と言えば大げさだが、あの時こんなコトを思っていたんだー、後から読み返す記録が欲しいと思ったのです。

コロナ禍でレッスンも思い通りにできず、またスタジオの対応に呆れて憤慨すること多々ありだけど、後々生活にどのような影響を及ぼすのか?メンタルへの影響を最小限にとどめる為に何をするのか?それとも一旦終わりにするのか?そこから始まる何かが見つけられるのか?ちょっとタロット旅ではないけれど、新たな自分記録をつけようと思った訳です。現在は云わば、大アルカナ「0:愚者のカード」Foolishな状態。

何も考えずに人生歩んでいける時期。これを書いた1年後、3年後、5年後にワタシは一体どうなっているのだろう・・・。楽しみである(笑)

そうそう関係ないけれど、以前自分が書いた記事を探そうと名前で検索したら、検索関連ワードトップに森和世・年齢が出てきた。かなり笑えた。

そんなに歳をしりたいのかな?ならば、教えない(笑)


今年もお世話になりました

108今年はZoomで108回太陽礼拝に挑戦!うまくカウント出来るかな?など不安もありましたが、結果とても軽快に楽しく皆で108回フィニッシュ!これで煩悩も消えたかな・・・・?

今年は想像を超える事態にアタフタしたこともありましたが、来年はもっと笑顔が増える時代になることを心から願っています。皆さまもくれぐれも体調には気を付けてくださいね。

そうそう、Youtubeでヨガヴィンヤサ公開することにしましたので、お時間ある時にでも一緒に動いて運動不足を解消してください。

来年もよろしくお願い致します。

 


20/12/30 10:30-108回太陽礼拝@Zoom 開催!

私たちの想像をはるかに超える年となった2020年。将来に不安を感じたり、心配したり、理不尽さを感じるなどネガティブマインドが鬱積した人も多いかもしれません。このような年だったからこそ、108回太陽礼拝で邪気を払い、前向きな気持ちで新年を迎えてみませんか?

108回という数は、煩悩の数というのはご存知かと思いますが、今年はコロナ禍の影響下で四苦八苦した年でもありましたね。

四苦八苦はことわざとして有名な言葉ですが、元々は仏教が始まりです。
本来の意味は人間によくある8種の苦しみのコト。8種類の苦しみは生・老・病・死の根本的なものと、4つの人生である愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦から成り立っています。四苦八苦は4×9+8×8×9という計算式に変えると108となり、これが煩悩の数だとも言われています。 (四苦八苦 Wikipedie)

煩悩の数だけ太陽礼拝で浄化させれば、すがすがしい気持ちになることは間違いありませんが、108回も出来るはずない!?と思う人の方が多いかと思います。
しかし、新たなコトにチャレンジする前向きな気持ちを今年は自分で後押ししてみませんか?例え108回出来なかったとしてもチャレンジしようと思った自分を褒めてあげましょう!108回にこだわり過ぎると、それもまた煩悩を増やしてしまうだけ。

1回づつ前に進む達成感を108回も味わえると思えば、こんなに楽しく有意義な時間はないのではないでしょうか。

皆さんと一緒にポジティブな気をシェア出来るコトを楽しみにしています。

お申し込みはこちらから

ご質問やお問い合わせはinfo@bodyquest.jp