South India Trip6th

今年も残すところ、あと数時間。。。。今まで放ったらかしにせざるを得なかったので(笑)、本日インディアントリップ完結致します。楽しみにしていて下さった方々、お待たせいたしました。どうぞ、最後までお付き合い下さい!

6日目は、メインとも言えるタージマハル観光でしたが、あいにくの霧雨模様。大抵晴れるのになー。とは言え、そんなに本降りでもなかったので、私の髪の毛が爆発するくらいで、大した被害はございませんでした。

まずは、早起きしてアーグラまで車で4時間ほど移動です。既にものすごいバスの混雑ぶりにも驚かない一行。因みに、高速道路ですからね(笑)

1

インド経済の好調ぶりは建設ラッシュぶりからもうかがえます。来年はもっと高層マンションが立ち並び、風景も変わっているのかな?

10

しかも、高速道路には、サービスエリアもOPEN(だと思ったら、CLOSEなんて場所もありましたが・・・)しており、トイレ休憩など以前よりかなり便利になりました。やはり、軍隊の方々が銃を携帯しているのには、少々違和感を覚えますが、ホンモノなのかしら?

5アーグラまでは混雑もなく、高速を飛ばし快適なドライブでしたが、なんせ天候が・・・・。

4とは言え、インドの皆さまもここを目指していらっしゃるようで、それなりに混雑してキャッキャと写真を撮りあう姿が楽しそうで思わずこちらまで微笑む。

3

灰色な雰囲気ですが、それはそれで情緒があっていいですね。

12

はしゃぐワタクシ達。しかし、ワタクシの頭爆発し過ぎ(笑)おいおい!

11

ラメッシュは何度も観光で訪れているので、ポーズをあーしろ、こーしろとカメラマンさんのようにアドバイスしてくれます。それが、またいい写真が撮れるんですよね。

インド人の「世界遺産タージマハル」に対する誇りや、大切に保管していかなくてはいけない、という想いが現地に行くとものすごく強く感じられます。私たち日本人も自国の世界遺産に対しては同様な想いはありますが、なんというか、、、プライドというか誇らしさ加減というのかな・・・が違う気がしますね。

さて、今夜は財閥系の素敵なホテル。ここに来て、気持ちが一気に上がったワタクシ。イギリス様式でハイティーも出来る!スパもある!あああ、どうしよう〜と到着した時点で、アーグラ城見学はパスと既に決定させていたワタクシ(笑)

091314

ワタクシ以前にもアーグラ行っているし、いいかな?と皆さまにお断りをして、スパに直行(笑)メニューも色々あったけれど、セラピストが不在とか時間が思ったほどなく、ハンドスパとネイルをお願いしました。

セラピストのミワちゃんは、30歳。色々と身の上話を聞き、ここでも喋りまくりのワタクシ。なんでも彼女は、18歳で父親から言われた村のかなり年上の男性と結婚→かなり酷い暴力を受ける→年上男浮気→幼い一人娘と村を出てアーグラへ。

という過酷な過去話を聞く。でも、若いんだしボーイフレンドとか再婚とかしたら?と言うと、「もう懲り懲り、男性は嫌だ」と。その年上男、まったくどんな奴だったんだ!と共鳴していたワタクシ(笑)

でもね、彼女とってもポジティブで娘と一緒に楽しく暮らすために、スパの技術も上げたいと言っていたから、「応援する!」とワタクシ(笑)が言うと、彼女は、「あなたに神の祝福がありますように」と返してくれたから、ちょっとジーンとしてしまった。

皆さま、JaypeePalaceHotelのスパに行く機会があれば、ミワちゃんを指名してあげてください。

2さて、アーグラ城観光チームは皆さまご満悦で帰ってきました。なぜなら、素敵な女子チームと一緒になったから(笑)

16

インドでは、まだまだ男性と一緒に行動、写真は・・・という地方の方もいらっしゃる。これが外国人になると境界線が緩くなるのかな?素敵なサリーのおお嬢様と一緒にパチリの図。

15

いつも通りの赤いアーグラ城。ワタクシはお城自体にそんなに興味があるわけではないので、一回行けば十分。ですが、男性陣は歴史を感じるお城が楽しかったようで、好評でした。

そして、ワタクシが一回も行ったことのない(笑)大理石の工房で素敵なお皿なども購入された模様。

17

今日も盛りだくさん!朝から動いているので、夕食で軽く飲んでリラックス〜と思っていたら、なんと!宗教上の理由でアルコールを置いていない・・・・・エーン。。。とはいえ、南インド料理の老舗名店なので、思う存分タンドリーなどを堪能させて頂きました。オーナーとパチリの図。

6レストラン入口にひっそりと座っていたお人形とパチリの図。

7

ホテルに戻っても、お土産屋さんを回ったり、楽しく過ごすワタクシ達。とても素敵な南インドのお人形があったので、母親のお土産用に購入。ペアーで5000円に値切って頂きました。おふたりをベッドに寝かせてあげたら、開きっぱなしの目に釘付けになってしまい、ちょっと怖かった(笑)

8

お風呂に入り、ベッドに潜り込むと、今回の旅を一通り思い出すワタクシ。

しかし、今回はかなり快適で楽しいなーと言う感想しか出てこない。一方思い出すのは、7月のハードなインド旅行(笑)母親よく耐えたな・・・・感心してしまった。インド初ならば、普通今回のような内容にするよね(笑)次回はタージとか楽に楽しめる場所に連れて行ってあげよう!と思った日でした。

LastDayにつづく・・・・・

 

 


カラダ美人になるための・・・・・・

お久しぶりです!

ブログがリニューアルする間にインドの記憶が・・・・(笑)さらに薄れ・・・・(笑)
明日からまた再開致しますので、少々お待ち下さい。

今日は本日掲載されました、「カラダ美人になるための、素敵なライフスタイル提案」をご紹介させて頂きます。

お水は心身ともにいらないものを流しだしてくれるので、みなさんもお気に入りのお水をガブガブしてみませんか?


South IndiaTrip 2014 5th

楽しかった南インドともお別れです。
5日目は、北インドへひたすら戻るスケジュール。
行きに観たお城をベストスポットよりパチリしたり、容器が熱すぎて唇が火傷しそうなコーヒー屋さんに寄ったりしながら、一行は空港へ~[E:rvcar]
1
あまりに順調だったので、搭乗前にラメッシュの得意分野の1つ・スピリチュアルな場所を訪ねるコトに!それは、かなり前ですが1部のマニアで話題になった”アガスティアの葉”と言っても、月曜日はお休みだったので、祭壇等を見学。
3
この葉を読むことができるのは、10歳前後から6年以上かけて特別な訓練を受け、代々ナディ・リーダーとして運命づけられた人だけという。(Wikiより)という訳で、リーダーよりアガスティアの葉の説明を受けるワタクシたち。
4
本物のアガスティアの葉も観てしまった~!って他人の人生が書いてあるんだろうけれどもね、のぞかせて頂いちゃいました(笑)ワタクシの葉のイメージは、緑の葉にモワーンとした何かが書いてあって、それをリーダーが読むんだろうと思っていました。でも実際には、あれ?こんな硬い紙なんだ・・・・しかも、こんなにしっかり文字?で書いてあるんだ・・・・・とかなりイメージと違っていました。
因みに、ラメッシュの弟であるハルシュが御徒町でカレー屋さん(ハルシュ)をやっておりますが、こちらではアガスティアの葉を観てもらった人用の食事メニューを提供できるんだそうです。
2
あっと言う間にデリーへ到着したら、チャチャっと観光。ワタクシは既に5回目のラクシュミー・ナラヤン・マンディアですが、初めて訪れると感動されると思います。
6
そして、国会議事堂前で仲良し化(笑)している3人パチリ。
7
インド門前はさすがに地元人も多く、前回まで見たことのなかったお子ちゃま用車とか?ちょっとしたデパートの屋上的な感じになっていました(笑)その横でインタビューをされているオジサンを発見!なんでもラメシュ曰く、インタビューワーはとても有名な司会者なんですってよ。ま、みのもんたさん的な?
10
何を聞かれているのかと思ったら、インドと中国が今後どのような関係性を築いていくか?といった超政治的な内容。いやー、結構センシティブな質問じゃない?って思っていたら、日本人3人組がもんたさんの目に留まり、「日本から来たヨガティーチャー!!」なんて紹介されてしまって・・・・・(汗)
しかも、同じ質問がされて・・・・とてもワタクシの能力でお答えできるはずもなく、グルジーたちに助けて頂きました(笑)有名なもんたさんと記念写真をパチリ。
5
デリーでの食事と言えば!ここ!というFUJIYAでお鍋をつつき、ワインをガブガブしながら旅の思い出にゲラゲラ。明日はタージマハールのあるアグラに車で5時間ほどの移動ですからね!また早起きしなくては!
8
6日目につづく・・・・


South IndiaTrip 2014 4th

ふー、やっと4日目ですね(ごめんなさーい。)
さて4日目も朝からヨガヨガ~♫と早起きしてウォーミングアップをしながら先生を待つ。
ひたすら、待つ。でも、来ない・・・・。
という訳で、自主レンを始めるワタクシたち。なぜか、数年前までとーっても硬かったラメのカラダがしなやかになっていて、ちょっとビックリ。
Y1
太陽礼拝でウォーミングアップしても、まだ来ない・・・・。ヘッドスタンディングしちゃうよ!(笑)
Y2
結局、先生はお休みだったのか?最後まで現れなかった・・・。ま、仕方がないですね、インドだから(笑)
さささ、今日は念願のシュリー・ラマナのアシュラムでの瞑想体験が出来るので、気持ちも上がるー♫アシュラム瞑想体験はAllaboutでも紹介しておりますので、こちらもご覧下さいませ。
先ずは、8:00スタートのチャンティングに参加です!このように1日のスケジュールが決まっていて、好きなものに参加できます。
A10
アシュラムの門をくぐると-、裸足になれ!でした(笑)。インドのEasyな雰囲気とは正反対で、どこのアシュラムも規則に従わなくてはいけませんが、その中でもここは、かなり厳しい気がします。ま、それだけ人々からシュリー・ラマナが尊敬されているのでしょう。
A5
本当に(←しつこい?笑)靴を持っているだけで、守衛さんが注意に来る!インドって意外と巨大ムカデとかいるからな・・・・なんて嫌々な気持ちを察してもらえるはずもなく。。。。
A4
しかし、その分アシュラム内はとても綺麗でした。
A1
アシュラム内では、寝ても瞑想しても静かにお話してもOK。自由な感じがとても印象的でした。
A3
アシュラムですから勿論宿泊施設(宿坊的な雰囲気)はありますが、3週間前から自分で予約をしなくてはいけません。ここに泊まっている人が利用するであろう、オーガニックスーパーマーケットにも立ち寄りお土産等を購入。
A2
そして、アシュラムの裏口から瞑想するためにシュリー・ラマナアシュラマム裏の丘にあるスカンダアシュラマムとヴィルーパークシャ洞窟にゴー!!昨日と同じコースのため、割愛させて頂きます(*’ω’*)
洞窟は私語厳禁。ちょっと暗くて、蒸し暑い!けれど慣れてくると、とても快適。ワタクシはマーラを持参し、カーリー神へのマントラを思う存分唱え、瞑想に入りました。が、しかし、あっという間に時間は過ぎて、皆さまをお待たせする結果に・・・。ごめんなさーい。でも、もっと瞑想していたいな~。本当にとても心が落ち着いて、深く瞑想に入れるのです。
やはり、瞑想する環境って大切だなーとつくづく思ってしまった。とにかく、素晴らしい場でございました。
十分瞑想を味わった後は、山を降りてランチへ。先ほどの神聖な雰囲気とは打って変わり、世俗的な場に(笑)
ぐふふ、アルコールも美味しく頂き、ご飯も美味しく頂き、心身共に大満足の一行。
L1
ホテルに戻り、ゆっくりしたら、またまたラメッシュⅡのヨガレッスンスタート!今回は可愛い女の子を連れての登場。もう、ヨガは小さい時からすればするほど、人間離れしますね(笑)彼女もあり得ないポーズを楽々こなす。
ワタクシたちも頑張る!(笑)こちらは、パートナーと組んでチェアーポーズ。とても背中が伸びます。
Y4
チェアーポーズのアレンジver. ラメッシュⅡは、なぜかカメラ目線(笑)目ヂカラ強し(笑)
Y3
今回ヨガを習って関心したのは、インド人の考え方の柔軟性です。例えば、とても狭い部屋に詰め込まれても、動けるように動く(笑)とか?ポーズの効果を深めるために人を使い、その人も同じような効果を得る動きをする、とか?
こちらのキャット&カウもオコチャもを背中に乗せて動作すると、しっかりと動かすターゲットが意識でき、ポーズが深まる。
Y5
物がないから出来ないのではなくて、無くてもそれを補うように頭を使う。
これがインド人の凄いところだなー。ラメⅡのレッスンも、もっともっと受けて、楽しいレッスンのお手本にしたい!
あー、日本にラメⅡ来ないかな・・・・。それとも行くしかないのかな・・・・・。
5日目につづく・・・・。


South IndiaTrip 2014 3th(後篇)

さて、ホテルでちょっとゆっくりした後は、
シュリー・ラマナアシュラマム裏の丘にあるスカンダアシュラマムとヴィルーパークシャ洞窟向かいました。
※スカンダアシュラマム・・・・シュリー・ラマナが1916年から1922年まで暮らしたところ。丘の上にあり大寺院を見下ろせるアシュラム。
※スカンダアシュラマムを少し下ったところにあるこの洞窟には、ヴィルーパークシャという聖者のサマーディがあり、洞窟はOMの形をしています。バガヴァーンは1899年から1916年までの17年間をここで暮らしました。
結構な坂道。。。
草履で来たコトを少々後悔していると、裸足で登っている人たちと遭遇。凄いな~、やはり修行なのかな?と思っていたら、実はアシュラムの裏門からも洞窟への山道は続いているので、アシュラム=聖地=裸足、そのまま登ってきただけのコトでした。
インド人ならば多少慣れているとは思いますが、西洋人はちょっと辛そうに見えました。
7
3.40分ほど登るとアルナチャラ寺院が展望できるベストスポットがあり、皆の写真パチリスポットのようです。
勿論、ワタクシたちもインドにいます!的な写真をパチリパチリ(笑)
8
ゲラゲラしていますが、崖ですからね、気を付けなくては。って、ラメッシュⅡはここでヘッドスタンディングを披露(笑)しましたが、皆冷や冷やでしたよ!(因みにワタクシの足の間から見えるのが、アルナチャラ寺院です笑)
9
10
やっと到着と思いきや、16時半まで・・・・・・おいおい!!ラメッシュ!!と言うコトで、中に入って洞窟を探索するのは明日の楽しみとなりました。
又同じ山道を下り、ラメッシュⅡのヨガ教室にお邪魔するコトに!今思い出しても面白かった~(笑)
とーっても狭い部屋にラメッシュⅡも含め男性人5と男子2名、そしてワタクシの合計8名が約8畳ほどのお部屋でヨガをする・・・・。
しかも男性は全員上半身裸という規則らしい・・・・・(笑)皆さま潔く上半身裸・・・・(笑)
11
目を閉じても、こんな環境なので邪念が・・・・(笑)しかも、マットなしで、この人数で一体全体どうやってレッスンをするのだろう??と思っていたら、四つん這いのポーズも、長座の姿勢も放射線状になりポーズを取るという、究極のヨガレッスン。
この話は既にお教室でも話しましたが、マットがないと自分のテリトリーがなくなり、意外とスムーズにレッスンが出来るのです。マット=自分の場所となると、入ってこないで!踏まないでよ!近い近い!という狭い気持ちになってしまうんだなーーーと。
何だか目から鱗の経験をした気が致します。
レッスン後はラメッシュⅡのお友達の村では超有名なダンサーのレッスンスタジオを訪問するコトに~。なんでもマイケルジャクソンの真似ダンスが凄いらしいです。ダンススタジオに行くと、そこはディスコですか?といった雰囲気に一同ビックリ(笑)ワタクシたちは訪問者として、後ろに座りジッと練習風景を見守らせて頂きました。
途中「Welcome our Dance School!!」って歓迎されたりしましたが、このメンバーでこのシチュエーション・・・・ワタクシは笑いをこらえるのが大変でした。しかし、何と言っても一番印象に残ったのは・・・超有名なダンダー兼先生の物凄い眼ヂカラ。(お分かりかとは思いますが、先生は矢印の人)
12
皆さんのパワフルな踊りを見学し、そろそろ帰りたい・・・お腹が空いた・・・・と言うコトで、丁寧にご挨拶をして退散。でも、私たち外国人がスタジオを訪問した!的な扱いで1眼レフカメラで撮影されたり、「NoDance!NoLife!」なんて言わされたり、なかなか経験できない時間を過ごさせて頂きました(笑)
あー、先生の眼ヂカラ(笑)今思い出しても凄かったな~。。。
4日目につづく・・・・。