明日明後日おやすみします

明日からアシュタンガヨガ指導者養成講座32時間!受けてきます。

という訳で、大変申し訳御座いませんが、明日明後日のレッスンは代行の先生と楽しんで下さいませ。

10年前から惚れ込んでいたアシュタンガヨガ。惚れ過ぎて近寄らずに遠巻きにチラチラしていたのですが、明日からとっぷり、たっぷり堪能してきます。毎日8時スタートですから、5時起きですね。

寝なきゃ。


卒業

昨年より通っていたスウェディッシュマッサージの授業が終わり、本日晴れて卒業いたしました。これまで自ら体を貸して下さった方々、本当にありがとうございました。頂いたアドバイスを反映させていきますので、楽しみにしていて下さい。

今後はセラピストとして、どのように活動していくか?熟考しつつ敏速に活動出来る機会をどんどん作って行きたいなーと思っています。

とりあえず、無事卒業出来て良かった(笑)

 


休眠より覚める

このブログを新しくした途端、あまり更新しなくなってしまいました。最後の更新が9月とは!?そんなにも長い時間休眠していたとは・・・。

ま、本音を言えば「もう、いいかな」と開くことすらしなかったけれど、昨日Sさんから更新したほうがいいよ!と言われたのがきっかけで、やっと重い腰を上げたのです。

ご存知の方も多いかと思いますが、昨年父が病に倒れてから書くことが億劫になってしまったのが、大きな原因。その父も奇跡的に大復活を遂げたのですが、先日脳内出血を起こしてしまいましてね。その父を元気づけるためにSさんはブログを再開!とおっしゃって下さったのです。

幸いにも父は大事には至りませんでしたが、脳が身体に与える影響を思い知らせれました。意識がうっすら戻った時、父は大阪にいました。自分が働いていた時の記憶に生きていて、自分がこれから社長に書類を持って行くから用意をしなくては・・・・と。

「すごーい、なぜその時の記憶が?人間まったくもって脳次第!」と、ひどく感心してしまったのです。

「記憶って、なんなんだろー。記憶を頼りにって、本当かな?」とかね。私は前世をほぼ信じているけれども、その記憶ってまた別物なのかな?とか色々考えちゃいましたよ(笑)

そして、落ち着いてきた父を看て思うのは、エネルギーで人間は動いているということ。このエネルギーが枯渇したり、上手く循環しなくなると、肉体は滅びる。ちょうど、ヴィパッサナー瞑想を読んでいた時に、肉体はいつか滅びるもの。それよりも魂(エネルギー)を磨く努力をしなさい。とわかりやすく書いてあったのが妙に腑に落ちた後だったから、尚更強く感じたのかもしれません。

さらにそう思うのには理由があって、最近ボストンテリアを新たに飼い始めました。仔犬ゆえに、活発で怖いもの知らず、成長していく力強いエネルギーは、生命力の塊。

お人形のように可愛い時と上2匹をを執拗に追い込んでいる意地悪な時もアリ。

お人形のように可愛い時と上2匹を執拗に追い込んでいる意地悪な時もアリ。

彼女はまだ生まれて3ヶ月だから何もしなくてもエネルギーは溢れてくるけれど、エネルギーを上手に循環、補充させる方法は、命あるものとして探し当てないといけないな、と。

無駄なことに気を揉んだりするのは、エネルギーの浪費だし。他人とのエネルギー交換で詰まっていたエネルギーは、流れるようになるだろうし。自分で活性化も出来るだろうし。ヒマラヤで200歳とか言われている仙人は、エネルギーを操る達人な訳で、私は実際いると思う(笑)

200歳はあまりにも達人の域だけれども、自分を操縦する力を身につけるだけの努力はしたいと思う、目覚めた私です。

 

betty2

目線で別犬のような表情に。それが笑いを誘う。


晴れ

先日の大雨で未だ避難所生活を余儀なくされている方々は、本当にお疲れだと思います。大雨警報は気にはしていましたが、まさかあのような光景を目にするとは!?最近は予想を遥かに超えたことが起きますね。

そんなワタクシも先週は家のコトで一瞬パニクる出来ことが起きましたが、今は励まされたりしながら、かなりお気楽生活に戻りつつあります。

今後はちょくちょく伊豆の方に行ったり来たりするコトも増えるとは思いますが、ワタクシとーってもドライブ好きなので、そのへんは気分転換になってムシロ嬉しいかも。でも、このところの大雨の影響で高速を走っていても前が見えない〜!と何度も恐ろしい気持ちに陥っています。が、しかし、案外ワタクシだけ?苦手とするコトだと気づいたのです。

そう、ワタクシ自分の目で見えない、確認出来ない、自分で操縦できない?コントロール出来ない状況がとてつもなく嫌みたい←「知ってる」と言われそう・・・(笑)ま、兎に角そんな訳で近道と言われている箱根山道も20年近く避けていたのです。しかし、母親から「白線を目安に走れば大丈夫」と当たり前のコトを言われ、教えに従ったら、「濃霧も大雨も大丈夫!」

白線に沿って走れって当たり前だけど、ワタクシの中ではすっかり抜け落ちていたコト。いかに早く先に行くかばかりを考え、先しか見ていなかったけれど、足元でしたよ(笑)こういうコトってちょっとしたコトだけど、気づいたら応用はどんどん効く〜。ヨガでもそうだわ〜。

昨日その山道を走っている時にパチリ。晴れ間を撮りながら心も晴れてきましたよ〜。sky

 


あとどれくらい続けられるのか

漠然ではありますが、「あと何年、人前に立ってヨガを教えるのだろう・・・・」と考える時が、以前よりも増えたお年頃のワタシです。当然「教えてね」と言われれば、喜んでそうしますが、やはり次のステップに軽やかに移動できるようにしておかないとね。

というのも、最近ワタシよりもずっと若い人が「あの頃ああしていれば、今はこんなことはしていなかった」と後悔の念を告げられるコトが多かったり、ちょっと歳上の人が立てていた人生計画が思い通りにいかずに苦労している姿を見たり。

「うむ、後悔するのヤダな。」と思ったコトがきっかけなんですけどね。

lgf01a201411251100

それは勿論、その人自身、そうなりたくてなった訳ではないでしょうし、努力もしたと思うし、タイミングも運もあると思います。が、しかし、後から「ああしておけば良かった」とだけは、言いたくないなーと。ぢゃあ貴方はものすごく努力をしているのか?と言われれば、お恥ずかしい限りですが、もし例え計画通りにいかなくても後悔しているコトを口にはしたくないな・・・・・と思っているのです。

だから、今ワタシは人生計画を練り直しております(笑)