ストック

閉店間際のヴィレッジバンガードで焦って購入したのが、
谷崎潤一郎の2冊。
この本を求めてというより、
駐車券をカバーさせるために入店したはいいけれど、
これと言った物が見つからず・・・・。
閉店を告げる放送に焦って、手に取ったのがこちらとはね。
コッテリした物が欲しかったのかしら?(笑)
Book
インドトリップのお供だな。
2014年10月9日~16日南インド瞑想の旅情報はこちらから!


ネコ

今ではワンコを3匹も飼っているので、ワンコ好きだと思われますが、
ネコの方が付き合いやすかった私でした。
なぜなら、自分の好きなようにしていてくれるから(笑)
ワンコは主人の帰りを待って・・・・忠実で・・・・と少々重荷になるのでは?なんて思っていました。
しかし、3匹と一緒に暮らしていると、好き勝手ワガママな子もいるんだなーと、
己の育て方を日々反省する私です。
さて、ネコちゃんの元気の出る記事がありました。
朝からこの時期を読んで、ププっとしながら、フムフムしてしまいました。
2014年10月9日~16日南インド瞑想の旅情報はこちらから!


夏休みを満喫

母親の一言で思い出した”白浜”
そんな場所があったな・・・・・と友人を誘ったら、
彼女が毎年訪れている、お気に入りの海岸も近くにあるコトが判明し、
遅い夏休みを堪能してきました。
こちらが彼女のお気に入りの海岸で飛んでいたフェニックス雲[E:cloud]
いいコトありそーな予感(笑)
7
穏やかな海をSUPで漕ぎ出す私たち。
3
洞窟を目指し、かなり遠出した私たち。ちょっとお疲れモードです。
翌日は階段を降りると、ガクッ~ガクッ~震えるほど太もも筋肉痛。
お陰で普段はリラックスと名前がついていても、ハードと言われるクラス。
「気持ちよかったです」とお声を掛けられるほど、緩やかな内容になりました(笑)
2
洞窟付近で休憩しながら、シュノーケリング。
何を隠そう、初体験の私。シュノーケルをどのように装着するのかすら分からない(笑)
海が急に怖くなってしまった私を心配して、「無理して潜らなくていいよ」と
優しく声をかけてくれる友人でしたが、
今年は新しいコトにチャレンジ!を掲げた私。
恐る恐る海に入り顔を水につけると、目が覚めた!「たのしーい!」
モードが一気に変わったのです。
と言うか、思い出した!私は水が好きだったんだー、潜水が好きだったんだー。
何時から嫌いになったんだろーぅ?と自分でも不思議になるくらい。
消されていた(誰に?笑)記憶が甦った感覚でした。
子供か?!と飽きられるほど、はしゃぐ私(笑)
6
それからの私は、恐れていた底なしの海が怖くなくなり(大波はキライ)
SUP YOGAでさらにリラックス。
1
5
8
4
新しいコトを!を鼻息荒くチャレンジしたら、自分の記憶が甦る結果に。
記憶ってちょっとしたキッカケですり替わってしまうんだわ。。。
今回は自分発見の夏休みでしたが、他にも忘れている記憶が
あるのかもしれない・・・・。むむむ、こうご期待の私の記憶ですね。
2014年10月9日~16日南インド瞑想の旅情報はこちらから!


History

ドタバタ・イライラ・ぎゃはっとした前回のインド旅行。
ちょっと書きましたが、母親との関係性を嫌ってほど考える旅でした(笑)
友人に「40代になったら母親と2人で旅行しちゃダメって言うよ」って言われ、
みんな同じなんだーっと、ちょっと可笑しく思えてしまいました。
考えてみれば血を分け、エッセンスは日常的にふりまかれているから、
似てて当たり前なんですけどね。
この血を大事にするのが、カースト制度が今も残るインドですが、
旅行中にお世話になった山寺のグルジが興味深い話をしてくれました。
食事の後に少し時間があるから、何か聞きたいことがあればどうぞ。
とラメから言われた私は、マントラやバガヴァッド・ギーターに付いて、わんさか質問。
でもね、一番聞きたかった事は「エゴ」について。
私は「エゴちっく」だと言われるコトもあるし、自分自身で感じる時もあります。
特に人に何かを教える立場として普段から気を付けているのが、
「自分がしていることは、エゴじゃないか?」とかね[E:bearing]
エゴからイラっとしてしまったり、偉そうな態度や上から目線の失礼な態度を取っていないか?とかね。
そこで、グルジに質問。
「イラッとする時はないのか?」
「どうしたら、グルジのように穏やかな人でいられるのか?」
まず、イラッとするコト、怒りの感情とかないんですって!!
もう怒りんぼうの私は本当か?!「どうして?どうして?」と喰いつく。
答は「元々の性格。そして、サンサーラ」ですって。
サンサーラ?グルジは血というか、その人が何度も輪廻転生を繰り返した
魂(みたいなもの)だと仰っていた。
因みにウィキでは下記のように書いてあります。
「世界には多くの生きものが住んでいて、彼らはサンサーラにおいて、
(過去に)為した様々な行為により、様々な家族・カーストに生まれる。
その行為に合わせて、神の世界に行くこともあれば、
地獄に行くこともあり、阿修羅になることもある。
クシャトリヤに生まれることもあれば、カンダーラやブッカサに生まれることもあり、
蛆虫やガに生まれることもあればクントゥ(と呼ばれる虫)やアリに生まれることもある」
魂ね・・・・。
2014年10月9日~16日南インド瞑想の旅情報はこちらから!