This is it!!!

というタイトル通り、レイトショーを観て参りました★
今日しか行く時ない!と言う事で、急いで仕事を片付け、
急いで、ららのおいしい物が集まってる(?)フードコートで
チャチャっと食べて、マイケル鑑賞。

あんまり、チャチャっという内容ではございませんが、
ダリオがエビ天丼盛り合わせ、私が大好きな坦々麺&肉丼セット[E:happy01]
Chidinner Cyadinner

って、ご飯の事はいいにして、マイケルは最高でした[E:scissors]
Uさんも「あんなにカッコいい50歳はいない!」と仰っておりましたが、
本当ね[E:confident]
天才だわー、本当に今更ながら偉大さを痛感。
そして、謙虚で温かい人柄に、卓越した人の貫録を感じました。

また、観に行きたいわー[E:happy02]


大きな勘違い(泣)

今日は一日どんよりと暗いく、かなり寒かった~。
夜は物凄い風だし[E:typhoon]
でも、明日は休日だし、久しぶりにヨガWSに参加するし、
風なんて気にしない[E:confident]

ところが、今スケジュールチェックしたら、WSが今日になっているじゃない!!
ガーン[E:shock]
あ~なんて事!!!何でこんな事が起きるのだ!!
せっかく気合いを入れ、上級者向け・イントラ向けという、
緊張する内容を受けようと思っていたのに[E:crying]

このやるせない気持ちをブログにぶつけさせて頂きました[E:weep]


本牧レッスンスタート!

今週は、ずっと喉を痛めており、ダミ声からやっと復活気味かも[E:up]
生徒さんの前では咳込めないし、喉飴カミカミ、そして説明も
噛み噛みでしたが、みんなの温かく優しい言葉に
何とか乗り切りました[E:good]いつも応援してくれる人たちや、
追っかけてきてくれる2人[E:smile]ありがとう[E:happy01]

今日は本牧ヨガレッスンにも行ってきました[E:scissors]
もともとParvatham先生がご近所の人に教えていたのですが、
インドに帰ってしまうと言う事で、話の流れでなぜか引き継ぐことに。
最初はどうかな?時間もないしな・・・とかなり受身な感じでしたが、
なぜか役員の方が、とーっても協力的で、
「これは、Parvatham先生のご縁と思って」が決め手となり、レッスンすることに。

参加される人は、椅子に座った状態の方、
インド人の家族やヨガをやっていた?(いる?)と私が教えたことのない
タイプの方ばかりで、不安を感じていたのは、確か。
だって、本場のインド人の人を私が教えられるのかしら?と
思うでしょ?[E:coldsweats02]

でも、大丈夫だった。皆さん私のスタイルを気に入って
くれたみたいで、今日も楽しくレッスンできました[E:shine]
でもね、私の苦手とする呼吸法(プラーナヤーマ)をやらなくてはいけない
ので、私も震えながらやってますよ[E:bearing]

今日は、体を温めるスーリヤ・ベーダナ・プラーナーヤー
(右の鼻から吸って、左の鼻から吐く)と
記憶力を良くするプラーナーヤーマ(Parvatham先生の教え)をレッスン.

でも、インドの方って子供の教育に熱心なんですねー。
みんな子供を連れてくるし、子供を紹介しに来るし、
きちんとレッスン受けさせるし、熱心だわー[E:notes]
私もちゃんとサンスクリット語で、ポーズ説明しないといけないと
つくづく思った今日でした[E:paper]


思わず大泣き

ふー、これから記事を2本仕上げなくては、どうにもこうにも間に合わない・・・
というのも、土曜日はレッスン後いつも息抜きのために、
ご飯を食べて、お家の近くでショッピングがお決まりなのです。

今日は無印でフワフワの毛布を買ったので、みんなでソファーでゴロゴロしていたら
いつの間にか私一人、超爆睡[E:catface]
あれれ?アド街を観ていたような・・・と思ったら、「ミューズの晩餐」に。

そこで樋口了一さんの「手紙~親愛なる子供たちへ」という歌が
出来るまでの話とか、曲を聞いて涙が止まりませんでした・・・とか
そういった話が遠くから聞こえて来たけど、
「ふーん[E:ear]また、千の風に的な歌ね」と冷めてたら、
ロングバージョンで樋口さんが歌い始め・・・・

私はいつの間にか大泣き[E:crying]
途中で部屋から戻ってきたダリオがビックリするぐらい[E:sweat01]
本当にいい歌というか、親の存在を改めて考えさせられましたよ。
このままだと明日、絶対に鳥目状態、むくむと思ったので、
ゆっくりお風呂に浸かって、また眠くなってるの~[E:bearing]

溜め込む私が悪いけど、あー寝たいよ[E:shock]


初の検診

昨日はレッスンを休んでまで、検診に行って参りました。
皆さん、お休みしてしまってごめんね[E:think]

会社を辞めてから、きちんと検診をうけてなく、年齢とともに
周囲で婦人科系の病気を患う友人が増えてきたので、
重い腰を上げて、行ってきたのです。

そこで、初の乳がん検診[E:new]
かなり痛い~と聞いていたから、相当覚悟して行ったけど、
「全然痛くなかった[E:scissors]」あまりに薄いからかもしれない?という
逆の不安は生まれたけれど、とにかく痛くなくてよかった[E:smile]

そのあとは、一緒に検診巡りをした友人たちとヒルズで
食事して、われらのアドバイザーである大須賀先生とまた食事して、
碑文谷に辿りつきました。

大須賀先生とは、あるWSで知合いました。
そして、私が行きたい!と思っていたエサレン研究所で学んだいらしたので、
色々聞きたい事も多く、興味津々で鼻息荒く、お話させて頂いたのが、
きっかけでした。
今ではカウンセラーという言葉も普通に使われますが、60年代ではまだまだの
時代にすでに学んでいらしたという、偉大な先生なのです。

先生はとっても多才なので、いろいろな事をなさっています。
ご自分では、迷走などと言っておられますが・・・(笑)
その迷走?の1つ、銀座のART BOX GALLERYで「ふるさとを描く」展示会を
やってます。(10月25日から6日まで出版記念展開催)

まだまだ他の事もなさっているので、またお知らせしますね。